間取り

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを進めるにあたり、まず最初に決めるのが間取りです。この間取りによってその住宅の暮らしやすさを左右するだけに、住宅内の動きをイメージしながら住宅内をスムーズに移動できるようにしておく必要があります。動線には生活動線と家事動線があります。

家族みんなが暮らしやすさを実感できるように生活動線にも配慮しながら、休みのない家事を円滑に行えるように家事動線もしっかりと考慮しましょう。生活動線でも家事動線でも需要となってくる空間が洗面室です。洗面室の配置で住宅の暮らしやすさが変わってくると言っても過言ではないと私は思います。洗面室は、手洗いや洗顔、お化粧やヘアセットなどの身支度、入浴の前後、洗濯機を設置することから家事を行う空間でもあります。

そこで洗面室への動線を2方向確保して回遊型にするといいのではないでしょうか。帰宅してリビングへ向かう動線上に洗面室を設けておきます。玄関からスムーズに洗面室へ行き来ができることで、帰宅して洗面室で手洗いや外で汚れた汚れを落とし、リビングでゆったり休むことができます。一度リビングへ入ってしまうと洗面室へ行き、手洗いを行うのが面倒と感じてしまいがちなので、リビング手前に洗面室を設け、玄関からスムーズに出入りできるようにしておくのです。

しかし、この動線だけではキッチンと洗面室の動線が長くなってしまいます。そこでキッチン側からもスムーズに出入りできるように動線を確保しておくのです。そうすれば、リビングを通って廊下を抜け、洗面室へ向かうという長い動線を避けられるのです。回遊型の動線で生活しやすさだけでなく、家事の効率化も得られるのです。

ママの居場所

Read full article | コメントは受け付けていません。

家事や育児に毎日慌ただしく過ごすママにとって自分だけの居場所となるスペースを、家事の中心であるキッチンからより近い場所に設けておきましょう。キッチンの近くに自分の居場所があることで家事の合間の時間を有効利用しやすくなります。キッチンで煮込み料理をしているちょっとした時間にママスペースでコーヒー片手に休憩することもできますし、パソコンでレシピを確認することもできます。

また、ママが行う家事は座って作業することも多いのです。家計簿をつけたり、子ども達のスケジュール管理をしたり、裁縫を行ったりとこれらの作業をするにも最適のスペースとなってくれます。最近では一体感のあるLDKが設けられることが多いだけに、キッチンの横のスペースで自分の時間に集中しながらも、リビングで過ごす子ども達の様子をしっかりと把握することができ安心できます。

我が家の新居にもキッチン横に私の居場所となるワークスペースを設けています。まず、朝はここでお化粧をしたり身支度をするスペースとして利用しています。テレビを見ながら、小さな子どもに目を配りながら自分のことを行えます。そして家事や育児の合間の時間にパソコンを使い仕事をしています。その仕事スペースとしても活躍しているのです。仕事に集中できるように、リビングとの境には腰壁を設け、腰壁から天井にはオープン棚を設けています。

このオープン棚が空間を緩やかに間仕切ってくれていますし、本棚としても利用できるので便利です。横幅と奥行のあるカウンターは作業がしやすく、カウンター下にはオープン棚を設けており、プリンターやノートパソコンをしっかりとしまうことができます。自分の居場所があることでマイホームの居心地の良さも高められています。

空間の繋がりとメリハリ

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近では間仕切りなど視界を遮ってしまう壁はできるだけ設けないようにして、空間の横の繋がりを大事にした空間造りが積極的に取り入れられています。視界が奥にまで繋がることで広さや開放感が得られるだけでなく、明るさをしっかりと通してくれたり、風通しの良さを高めたりすることにも繋がります。

しかし、全く壁がなくなってしまうと空間が間延びしてメリハリが損なわれてしまいます。そこで程よい高さの腰壁を取り入れたり、アーチ状の垂れ壁を設けて視線を抜けさせつつ、間仕切りの役目を果たしてくれる壁を取り入れて空間にメリハリを出すようにするといいと思います。このような壁を上手に取り入れる他には、床に高低差を付けて空間のメリハリを生む方法もいいでしょう。

最近では廊下はデッドスペースとして考えられるようになり、和室を設ける場合もリビングと一体化した間取りが多いです。廊下を設けないことでその分空間を広々と有効的に利用しやすくなります。この和室に高さを設けて小上がりの和室にします。そうすることで洋風LDKと畳の和室が繋がっていても互いの空間に違和感を与えることなく空間のメリハリが生まれます。逆に家族が長時間過ごすリビングをダウンフロアにして天井を高くして、広さや開放感を演出させて居心地の良さを高めるのもいいと思います。

空間の繋がりを大事にしたまま空間のメリハリもしっかりつけられるのです。空間の繋がりを大事にするときには同時に空間のメリハリにも目を向けましょう。

物が結集するリビング・ダイニング

Read full article | コメントは受け付けていません。

現代のリビング・ダイニング+キッチンは、同じ空間にあり、家族全員が集まって同じ時間を共有する事が多くなっています。

そして、食事をする、テレビを見る、本を読む、音楽を聴く、パソコンをする、ゲームをする、子供が遊ぶ、ダイニングで勉強する、家計簿や仕事をダイニングやリビングでする、アイロンかけなどの家事をする、趣味を楽しむ、ペットを飼う、健康器具を置き運動する、子育て中の家では子育て一般全部をする、など、ほとんどの行動をリビング・ダイニングでしています。それに伴い、様々な必要な物が、この場所に集まってくるのです。

今までのリビング・ダイニングには、収納場所が無く、置き家具で対応していました。しかしライフスタイルが変化した現在、置き家具では対応できず、廊下の収納や納戸にリビング・ダイニングで使用する物を入ると、取りに行くのもしまうのも面倒になり、出しっ放しになってしまいます。置き家具を買い足すと、壁面はデコボコとし、床面はどんどん狭くなって、スッキリしない空間になります。そうならないように、リビング・ダイニングには、間取りを考える時点から、収納プランを計画しておきましょう。

まず使う物と分量のリストを作りましょう。使う物は食器(来客用やキッチンにしまわないカップなど)、ポット、カトラリー、マットや布巾、掃除用具、文具・日用品、アイロン台、家の書類・家計簿、子供のおもちゃ・勉強道具、育児用品、テレビ、録画機器、DVDプレーヤー、ゲーム機、DVD、薬品類、裁縫道具、古新聞、雑誌、アルバムなど雑多です。そして常に稼動しているものを収納します。

大きな壁面収納に、家事や書斎として使えるカウンターを設置すると便利です。

洗面脱衣室

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面脱衣室は家族がいろいろな用途で使用します。手洗いや歯磨き、お化粧やヘアセット、入浴の前後、そして洗濯機を設置する家庭も多く家事を行う場所の一つでもあるのです。いろいろな用途で使用される洗面室は物で溢れがちで収納不足に陥りやすい場所でもあるのです。

洗面脱衣室の使い勝手の良さを高めるには収納力がポイントとなってくるのです。ここにはタオル類をはじめ、下着やパジャマ、洗濯カゴ、シャンプーや石鹸などのストック、洗濯関連用品などをきちんと収めておきたいです。必需品は使う場所のすぐ近くにあると便利です。余裕を持って収納スペースを確保し、洗面脱衣室がより使いやすい空間にしましょう。

そこで最近では壁一面を利用して洗面クローゼットを造り付ける家庭も多いです。部分的に扉を付けて、目に触れると生活感を与えてしまいがちな物はここに収納します。日々使用するものは出し入れがしやすいようにオープン棚に整理し、隠す収納と見せる収納を上手に組み合わせるのもいいと思います。

広さに余裕がなくても壁の厚みを利用して収納スペースを確保するのもいいでしょう。壁厚を利用するため奥行のない収納スペースなのですが、タオルを丸めて立てて収納したり、入浴時にはメガネやスマホを一時置きできる棚を設けておいたり、可動タイプのタオルハンガーを壁厚を利用して設けておくと、スペースに影響することなく必要な物を収納しておくことができます。洗濯機の上部の空いたスペースや洗面台と洗濯機の間のわずかなスペースでも無駄にせず洗面脱衣室の収納力をアップさせ、家族みんなが利用しやすい空間を目指しましょう。

素敵な外構に

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りにおいて一番最後に行うのが外構工事です。しかし、意外とこの外構は軽視されがちなのです。しかし、オシャレで素敵な住まいが完成しても外構工事がきちんと施されていないと住宅全体の完成度が下がってしまいますし、安全性にも欠けます。せっかくある庭で子どもを安心して遊ばせることもできないのです。

まず多くの人が注目するのがデザイン性です。建物の外装との調和に配慮して、使用する色調や素材に注意しましょう。また、目立ちすぎることがないように、近隣住宅との調和にも目を向けることで馴染んで違和感を感じさせません。暗くなりがちな裏口やカーポート部分にはセンサーライトを設置することで安心度も高まり、防犯対策となります。庭で安心して過ごせるようにするには、近隣住民や通行人の視線を緩やかにカットしながらも、侵入者が潜みにくいようにしておくといいのです。

そして、玄関アプローチ部分は階段にせず、緩やかなスロープにすることで車イスでも行き来がスムーズになりますし、高齢になった時でも行き来のしやすさを確保できます。段差を設ける場合には、中途半端な段差にするのではなく、しっかりと段差を設けておく方がつまづきにくくなります。駐車スペースだけでなく家族の台数分の駐輪スペースも必要ですし、通路幅は自転車と一緒でも行き来のしやすいようにしっかりと幅を確保しておくといいでしょう。

郵便ポストは悪天候時でも濡れることなく郵便物を取り出せる位置に設置しておくと便利ですし、取り出しやすい高さに設置しておくと体に負担をかけません。外構と一言で言っても気をつけなくてはならないことも多いので、最後までしっかりと計画しておきましょう。

目に見えない場所

Read full article | コメントは受け付けていません。

住まいというのは、新築工事が竣工し、引き渡しが行われた時点から古くになっていきます。特に、外の環境に曝されている屋根、外壁、床下などは、どうしても、傷んでいきます。日本は、住まいを取り巻く自然環境も厳しく、季節によっては、降水量が多いです。

また、台風、地震などの自然災害も多く、住まいには大きなダメージとなっています。リフォームというと、間取りを変えたり、内装を新しくしたりすることをイメージする場合が多いのですが、住まいの寿命を延ばすためにも、傷んだところを補修するメンテナンスが優先されます。

住まいのメンテナンスというと、どうしても、内装が目につきやすくなります。壁紙の汚れや剥がれやフローリング材の傷などがどうしても、目についてしまいます。確かに、それらも大切なのですが、もっと大切なのは、普段、自分たちの目に触れない屋根や外壁や床下のメンテナンスです。

床下というのは、普段、目に見えない場所で、なかなか確認ができないのですが、色々なトラブルが発生している可能性があります。例えば、漏水です。漏水の原因というのは、給水管や排水管からの漏水が想像できますが、雨水が侵入したり、地下水が湧いてしたりしている場合もあります。どちらにしても、漏水の原因を突き止めることが優先され、補修や対策を講じなければいけませんが、それだけでは、住まいへの深刻な影響を見逃すことになります。

床下は、漏水により、湿度の高い状態が維持されてしまいます。この床下には、住まいの基礎があり、土台があります。それら木の部分にはカビが生え、接合部の鉄の部分に錆が出て、腐食してしまいます。住まいの寿命を延ばし、ずっと住み続けるためには、住まいの構造を守り、メンテナンスをしていくことが大切になってきます。リフォームを考える時、住まいの土台、構造、屋根、外壁をメンテナンスすることを優先されます。

動線に配慮したシューズクローク

Read full article | コメントは受け付けていません。

玄関の快適性を保つにはシューズクロークの存在は欠かせません。玄関は家族が毎日行き来を行う場所でもありますし、お客様が一番に足を踏み入れる場所でもあります。それだけにスッキリと清潔感が漂いオシャレな空間が広がるようにしたいものです。現実には、脱ぎっぱなしの靴が散らかっていたり、外で使用したベビーカーや三輪車が片隅に置かれていたりして玄関スペースが狭く、生活感に溢れた空間になりがちです。

まず、玄関に靴や物が散らからないようにシューズクロークの収納力をしっかりと確保しておきましょう。シューズクロークと言っても、靴や傘を収納するだけのスペースでなく、外で使用するベビーカーや三輪車、車の洗車用品や旦那さんの趣味のゴルフ用品などまでしっかりと収納できる土間収納スペースも確保しておくといいのです。土間収納があると外で使用して汚れていても、サッと片付けられ玄関に靴や物がいつまでも置きっぱなしになる状況を防げるのです。

我が家はこの収納力に優れたシューズクロークを設け、このシューズクロークから室内へ入れるように動線を確保したのです。シューズクロークからも室内へ入れるようにしたことで、使用した物や靴をシューズクロークにしまい、そのまま室内へ行けるため動線がスムーズなのです。この動線を確保したことで、今まで脱いだ靴をしまうということをしなかった子ども達が積極的に靴や物を片付けるようになりました。シューズクロークは収納力だけでなく動線にも配慮しておくといいと思います。玄関をよりよい環境にするにはシューズクロークに注目するのが一番なのです。

長期優良住宅

Read full article | コメントは受け付けていません。

長期優良住宅という言葉を聞いたことがあるという人も多いと思います。この長期優良住宅とは、長期に渡り住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設け、その基準をクリアしたものでなくてはいけません。新築時の建物プランにおいて長期的に良い状態を保つことができるものであり、且つ、その後の家事管理・メンテナンスのしやすさにも考慮されていなければなりません。新築された時点だけでなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価する点が特徴でもあるのです。

この長期優良住宅と認定されるには7つの条件をクリアしなければ認められないのです。まずは、世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能であるかという耐久性が求められます。そして、住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければならないのです。そして維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければなりません。断熱性能など、一定の省エネルギー性が確保されている必要もあります。そして耐震性も求められます。大規模な地震に対して倒壊しにくい、また、もしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要なのです。最後に、維持保全計画です。

これら7つの認定基準を満たして初めて長期優良住宅と言えるのです。長期優良住宅は、家造りを財政面でもバックアップしてくれるのが大きな魅力です。最大500万円の住宅ローン控除などが受けられますし、固定資産税減税が通常3年間ですが5年間半額でいいのです。他にも様々な面で税制優遇措置がとられています。これからも人気を高めていきそうですね。

リビング階段

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段をどこに、どのような形の階段を設けるかで住宅の印象も、階段下の活用法も大きく変わってきます。最近では、リビング内に階段を設けるリビング階段が人気となっています。このリビング階段が人気となっている理由は、家族のコミュニケーションを大事にできることです。

玄関の近くに階段がある場合、帰宅してそのまま二階の部屋へ行くことができます。子どもが思春期頃を迎えると、親と会話をすることも顔を合わせることも嫌がる時期がきます。このような時期は、直接二階の部屋へ行くことができるため、子どもがいつ帰宅して、いつの間にか外出していたということもあるかもしれないのです。親は子どもと会話をする機会も、表情を伺うこともできないためちょっとした変化にも気づいてあげられないのです。

しかしリビング階段であれば、このような状況を避けられます。必ずリビングを通らなければ二階へ行けないので、リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作りだされます。親は子どもの表情を伺えるだけで変化にも気づいてあげられるのでしっかりと対応もできるのです。このリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。家族のコミュニケーションを大事にすることで、家族関係も良好に保てるのです。

このリビング階段の下の活用法は、今までのような収納庫というよりは、オープンシェルフを設けて見せる収納が取り入れられることが多いです。また階段の下にカウンターを設けてパソコンスペースやスタディコーナーを設けることもあります。居住スペースの一部として活用される傾向にあります。リビング階段を満喫できる家もいいと思います。